YANAGISAWA SHOHEI BLOG (2005〜2017)

2005年から2017年まで、SNSや旧ブログなどにUPしてた記事をまとめたアーカイブページです。

もう一度何かを始められそうなんだ / 2016年ありがとうございました

f:id:yanashou:20171006181221j:plain

 

 

2016年も残りわずか。今年も沢山の方にお世話になりました。

3年前の2013年12月にシェアオフィスで仕事始めて、

去年・2015年の秋からは、自宅に仕事スペースを移しました。

 

ちょうど自宅に移してから、

フリーのデザイナーや取引先の会社のお手伝いとして

現場(会社・事務所)に行って作業することもありました。

色んな現場を知ると勉強になります。

 

シェアオフィスのままだったら、

「せっかくシェアオフィス借りてるのに。」

と迷ってたと思いますが、

自宅に移してフットワーク軽くなりました。

振り返ってみるとこれも何かの縁ですね。

 

個人のお店や印刷会社さん等に

定期的にお願いされる仕事も増えて嬉しかったです。

 

 

f:id:yanashou:20171006181226j:plain

 

 

去年・今年は自宅の荷物を処分したり、

ヤフオクなおで売ったり人に譲ったりして整理していました。
壊れていたカセット・MDウォークマンが高く売れたのがビックリです。
物の価値って意外でビックリです。

 

少しスッキリした部屋で、
レイアウトも色々と試してます。

デザインという仕事も配置換えと似てて

本棚を足したり、要らないものを処分したり、

そんな整理する作業と共通するとこがあります。

 

春までに仕事スペース・生活スペースをキッチリ分けて、

丸岡祭りの時とかに仕事関係の方が遊びに来ても

お招きできるような環境にするのが目標です。

 

 

f:id:yanashou:20171006181227j:plain

 

 

仕事以外だと、趣味の音楽面で充実してました。
友達のバンドが大きなイベントに呼ばれて、
裏方として手伝いに行きました。
色んな現場を知れて楽しかったです。

フクブロにもアレコレ書いてるので
時間がある方はこちらをぜひ。

matome.naver.jp

 

そんな色々とあった2016年の中で、
「この人とは長い付き合いをしたいなー」
と思う仲間も増えて嬉しい限りです。

長く続けてかないとこういう出会いもなく。
そして、こうした出会いは何にも代え難い財産です。


簡単ではありますが、
ご挨拶とさせて頂きます。

2017年がみなさんにとって
素晴らしい1年になることを願っています。

よいお年を。

 

www.youtube.com


サード アイ/the pillows

最近この曲を良く聴きます。
シンプルなことしかしてないのに
胸が踊ります。

 

www.youtube.com


スーザ 行進曲「星条旗よ 永遠なれ」 1976

第9じゃなく、これを聴きたくなりました。
メロディーが秀逸ですよね。おもわず歌っちゃう。



www.youtube.com

 

クリスマスにこのDVDをゲットしたので、
正月はこれ観て楽しみます。

 

kim-wooyong.com | 金 佑龍 official site

BJ 美術準備室 2016

f:id:yanashou:20171006181244j:plain

f:id:yanashou:20171006181234j:plain

f:id:yanashou:20171006181237j:plain

 

 

恩師の作品を見にまたまたアートラボへ。

作品は先生の色があって良かったのは勿論。

作品に関してのほんの数行のコメント。

正にこれだと思いました。

私もがんばらないと。

 

BJ 美術準備室 HOME

 

BJ メンバー 岩永

ハリー・ポッターと私の16年の物語

f:id:yanashou:20171006181239j:plain

 

ハリー・ポッターと死の秘宝」を読了、そしてハリー・ポッターシリーズを読了。

遡ると16年前の2000年、高校2年の時に図書室に置いてあった1作目
ハリー・ポッターと賢者の石」を借りて読みました。

当時、兄貴が地元ではバンドマンとして有名になってたので、
「あいつの弟やぞ」となぜか後ろ指をさされることもありました。

ヴォルデモートからの惨劇から生き残った生存者として、
みんなに知られているハリーポッター
自分と重ねるところがあり物語にのめり込みました。

『秘密の部屋』『アズカバンの囚人』の続編は本屋で購入して、
大学入る前の春休みに「賢者の石」の映画も観に行きました。

 

f:id:yanashou:20171006181225j:plain

 

「来るもんは来る。来たときに受けて立ちゃええ」


「炎のゴブレット」は、大学の図書室で借りました。
将来のことを考える時期で、ハグリッドのこのセリフに勇気をもらった。

大学卒業してからもシリーズは続いたけどチェックしなくなり、
気がつけば完結編の映画公開をTV CMで見てた程度です。

 

f:id:yanashou:20171006181232j:plain

 

2012年の夏に個展をした時、

 

bivouac2012.strikingly.com

 

BOOK OFFにて安値で見つけた
『不死鳥の騎士団』『謎のプリンス』この2セットを購入し、
展示の合間に読もうと考えていました。
この頃には「学生の頃読んだな〜懐かしいなぁ〜」という感情でした。

結局、個展の期間中もゆっくり読む時間もなく、
たまにページを開いても初期の作品とは違い複雑な人間関係や
昔からの登場人物が犠牲になっていき、
仕事の息抜きに読むには辛い展開になっていきました。

ハードカバーだと持ち歩くのにもハードルが高く、
あまり読み進めれなかった理由かなと思います。

 

f:id:yanashou:20171006181228j:plain

 

いつも本棚に収まってる背表紙を眺めてたのですが、
宿題を残しているスッキリしない気分だったので、
一昨年からは、時間を見つけて再び読み始めました。

「持ち歩ける方がいいな」と思い最終巻の「死の秘宝」は、
文庫本を購入してカバンに入れて出先等で読んでいました。

最後の下巻を読まずじまいでまた半年くらい経ってしまい、
先日、図書館で「死の秘宝」の下巻を見つけて借りました。
最後の最後は、一番最初と同じく図書館で借りるという運命に。


主人公が小説の中で色んな所へ死の秘宝を探しに行くように
色んな方法(買ったり(中古・新品・文庫本)、図書館で借りて)で読みました。

 

 

f:id:yanashou:20171006181224j:plain

 

 

読了して、長い宿題が終わった気分。
結末はハッピーエンドで安堵感。

「16年に渡って読んだ物語も完結かぁ。」
と考えると感慨深い気持ちになりました。

改めて振り返るとストーリー同様、
夢中になったり、道しるべになったり、
離れたり、懐かしくなったり、

ハリー同様色んな感情や年月が巡って最後に辿りつきました。